看護師のダブルワークとは

看護師のダブルワークとは

pixta_6470827_S.jpg
ダブルワークをする前は、やっていけるかな、と心配でしたが、いざ働いてみると、ダブルワークをしている看護師さん結構多いんですよね。

隙間時間をうまく使ったり、単発バイトを入れたり、バイト仲間に働き方の工夫を教えてもらったりして、今は、自分に合う働き方が出来ていますよ。

本業は、老人病院での常勤で、看護師夜勤の単発をダブルワークで入れています。

単発の場合、ハードワークな職場は出来れば避けたいので、個人病院の夜勤バイトをしています。

お給料は1勤務1万5千円、夜勤バイトの平均からいくと、かなり安いかもしれませんが、規模が小さいから全体の様子が分かりやすいし、特に難しい業務もなく、労働量を考えると、1回の収入としては満足しています。

私の夜勤バイト先は、眼科と消化器科の個人クリニックです。

消化器科クリニックでの仕事は、1日健診を受診される方の介助で、健診内容の説明、検査の準備などがあり、夜間は特に忙しくなることはありません。

眼科は白内障オペがある曜日が決まっているので、その日の夜勤に入っています。

オペそのものは簡単なので、病棟勤務での夜勤に比べると、忙しいこともなく、仮眠もしっかり取れて、割と毎回静かに朝を迎えています。

どちらもおおむね健康な方の対応になるので、気持ちも楽ですよ。

ツアーナースの口コミ

私は旅行が大好きで、新しい出会いも楽しみなタイプなので、ツアーナースをよくやっています。

月1~2回ですが、1回の付添で、4~6万になるので、数多くある単発バイトの中でもおススメです(*^。^*)

中学・高校の修学旅行の付添に何度も行っていますが、自分が学生の頃を思い出して、とても懐かしいです。

生徒数の多い私立の学校が多いですね。修学旅行の場合は、養護教諭をはじめとして、生徒さん達のことを日頃良く分かっている先生方も一緒なので、困ったことはありませんよ。

多感な10代の子ども達と接することはとても新鮮で、仕事が終わると、とても充実した気持ちになれて、ダブルワークとしてもおススメです!


ツアーナースを定期的にしています。

旅行はシーズンがあるので、ツアーの仕事が減る冬~春にかけては、スポーツ教室の合宿などに付き添っています。

旅行の付添よりも怪我の心配もあるし、ちょっとハードかな。

修学旅行の付添は、生徒さん達と一緒に観光地にも行くし、食事も一緒だし、いつも一緒に過ごす先生のような気持ちになって、とても楽しいですよ。

2016年2月 3日|