看護師の仕事のイライラがプライベートにまで悪影響を与えてしまう時

看護師の仕事のイライラがプライベートにまで悪影響を与えてしまう時

私は基本的に、周りのスタッフから見てもあまりイライラすることがないように思われているようです。

たしかに、どちらかというと仕事の中でイライラしたり、人に対してイライラしたり...という感情は少ない方かもしれません。

しかし、本当にこの人は意地が悪い!と思った職場の上司がいました。
その方は、介護施設の管理者業務をしているケアマネージャーです。

職員へのひどい態度や、入ったばかりの新人スタッフへのイジメ。

自分の気に入らない利用者様への心ない言葉や態度。

そういったものがあまりに酷く、私は見ていてイライラがつのりました。

我慢の限界が来て、何度か衝突したこともあります。

そうすると今度は矛先が私へ向き、シフト希望を通してくれないなどの嫌がらせも始まりました。


私は子どもが二人いますし、学校の行事などもありますから月に二日だけの希望しかだせない上に、さらに希望が通らないなどと、生活に

支障が出ます。

さらには、子どもが入院になるからと言っても、人が足りないからと休みすらくれないのです。

その方は、私よりもずっと年上ですが独身であったため、子どものいる大変さがわからないのだろうと思いましたが、それで軽く流せる事

態ではありません。

そんなことで、さらに自分の中でのイライラが重なり、ストレスになり発散する事も出来なくなりました。

そんな生活が続くうちに、体調を崩し始めました。

声帯ポリープの悪化や、リウマチの検査で陽性反応、突発性難聴、自律神経失調症、尿路結石...。

次々と病気にかかる私に医者から、何かストレスがあるのではないかと言われました。

かかる病気が、ストレスによる悪化を招くものが多いとのことでした。
とくに口腔内や、耳などはストレスが非常に大きいそうです。


私には、思い当たる節がありましたので、すぐに仕事だな...と思いました。

なんとかストレスの発散に努めましたが、体調の悪化は止まりませんでした。

結局その後も一年ほど頑張りましたが、イライラがなくなる事もなく、このままでは自分の生活に支障があり過ぎると思い転職しました。

逃げ出す事は嫌いですが、子どもがいる以上、自分1人の体ではないのだからとみんなに説得されての転職でした。

今は恵まれた職場で働き、すっかり体調も良くなりタフだね!と言われるほどです。


やはりストレスがひどすぎる職場は考えものですね。

2015年10月 6日|